×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「ビアホールMANプレゼンツ 凱旋対決!ハヤブサ&ミスター雁之助トークイベント!」

7月23日に行われたには50名の方々がお越しくださいました。

ありがとうございました!

 

会場に集う方々に、思わず涙が・・・。

 

 

image002.jpg

 

image004.jpg

 

興業は経験ないですけど、初めて興業するときって、きっとこんな気持ちなんだろうなあ・・・などと思っちゃいました。

さて定刻。

FMWのテーマが流れます。

 

手拍子がまきおこり、司会者ウルウル・・・。

「ただいまより、ビアホールMANプレゼンツ 凱旋対決!ハヤブサ&ミスター雁之助トークイベント!を開催いたします!」

 

大拍手。

 

「みなさまにご紹介させていただきます。本日ゲストのお二人が大学時代から通い、そこでプロレスの夢を語り合った場所、そこがビアホールMANです。それではご登場ください。ビアホールMANマスター、村田善則さんです!」

 

マスター登場。

実に堂々とされていました。

 

「それでは最初のゲストをご紹介させていただきます!テーマ曲が鳴りましたら、コールと拍手でお迎えください!」

鳴るテーマ・・・これはFight With Dream・・・。

 

自然にわき起こる「ハヤブサ」コール!

みなさん、よく理解されてます。

ハッヤブサ!ハッヤブサ!

 

「熊本県八代市出身、ハヤブサ選手の入場です!」

青いマスクのハヤブサ選手、入場!!!!!

しかも自力で歩いている!!!!!

感動!!!!!

「続きまして、本日二人目のゲストをご紹介させていただきます!」

「鬼神道」のテーマが鳴り響きます。

まきおこる「雁之助」コール!

「長崎県長崎市出身、ミスターーーーーーーー雁之助登場!!!!」

手を振って、金髪の雁之助さん登場!!!!

笑顔だ!

MCは涙を拭いますが、たぶん誰一人気づいていません。(笑)

そしてこの3ショット!

image006.jpg

image008.jpg

週プロには絶対に掲載されない貴重なショットです。

皆さんシャッターチャンスです。

そして学生時代の思い出話を、村田マスターと共に。

 

マスターは手作りのハヤブサ&ミスター雁之助ブロンズ像を持ってきていただきました。

 

お二人ともマスターをはさんで楽しそうです。

学生時代のリングネーム暴露で盛り上がりました。

なんせ「肥後ずいき」と「ソープ延長」ですからね!(笑)

ウケたのは、雁之助さんにハヤブサさんのお母さんが電話されたときのエピソード。

 

 

お母さん本名ではわからないと思われたのか・・・こんな自己紹介を!

「あのー、肥後ずいき・・・の母ですけど・・・。」

熊本県人ならわかる、ど下ネタ炸裂!

は・・・腹痛え〜〜〜〜!

 

そしてサプライズ!

我々KPBから日頃お世話になっているお礼として、なんとハヤブサマスクをプレゼント!

 

江崎さん、本田さん、天龍さんに次ぐ第4のハヤブサ誕生!

 

名付けて・・・「ハヤブサMAN」。

 

大喜びのマスターでした。

 

image010.jpg

image012.jpg

さてさてマスターがお仕事で退出後からは、本格的なトーク。

とてもとても活字にはできない内容ばかり・・・ごさくさんのエピソードには大笑いでした。

そしてお二人トークが止まらない!

時間少々過ぎても大丈夫ですよ・・・と説明したものの、なんと1時間もオーバー!

 

オークションではハヤブサさんがメキシコ時代のガウン、雁之助さんがポスターを持参していただき、それぞれ買い取り主が表れました。

大事にされてくださいね!

 

そしてビアホールMANに移動しての大懇親会!

image014.jpg

あまり食べられなかった方もおられ、すみませんでした

なにせ30人近い方々が押し寄せられたものですから・・・皆さん楽しみだったんですね。

 

そして今まで様々なレスラーさんがこのビアホールMANに訪れられたのですが、マスターがこれほど嬉しそうな顔をされたことはなかったことでしょう。

 

この瞬間が見たかった!

 

image016.jpg

村田マスターに、ほんの少しでも恩返しできたら嬉しいです。

このトークイベントのために、実に半年もの時間をかけました。

様々なことがあり、様々な方法で乗り切ってきました。

そしてこの活動を通じてプロレスの輪が広がりました。

本当に心底疲れましたけど、心の中は充実感で満たされています。

ハヤブサ選手、ミスター雁之助さん、村田マスター、会場にお越しくださった方々・・・そしてKPBの仲間たち、本当にありがとうございました。

お楽しみは、これからだー!